--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.21

MX Mayhem

写真

最近アプリを購入していなかったのですが、評価の高いバイクゲームが登場していました。しかも115円でやすい。

オフロードバイク好きの自分にとっていいゲームです。

重心移動やアクセルワークがバイクの挙動に影響していて勉強にもなったり・・します!
スポンサーサイト

Posted at 23:36 | ipod | COM(0) | TB(0) |
2009.08.04

レインウェアについて考える

shop-119_700091_3.jpg


自転車通勤を始めました。

雨の日に着る合羽(レインウェア)でどれを買ったらいいか迷っています。

自転車はGIANT escape R3です。
4kmの道のりを約20分かけて走っています。

防水はもちろんですが、何よりも汗をかいた状態で仕事をするのが嫌なので、通気性がいいことが決め手になります。

色々調べた結果
登山用とサイクリング用では、製品のコンセプトが異なります。
どちらかを優先すれば、どちらかが犠牲になります。高い製品を買えば良いというものではありません。

登山用:
・命に関わりかねない重要なものであり、性能が全てに最優先される。
・4または3シーズンの利用を考えて、生地は薄めである。(体温保持は重ね着で対応)
・晴れている場合はただの邪魔な荷物のため、軽量コンパクトを良しとする。
・ポケットやロゴ,デザインなどは、性能を犠牲にしかねない要素は極力排除する。
・生地が厚ければ通気性を阻害するため、薄手である。
→登山用レインウェアを見る


サイクリング用:
・サイクリングで命に関わるような状況は少ない。(避難先がある)
・登山と違って、軽量コンパクト性に関しては強く求められない。
・激しい運動をする場合、最上の透湿性素材を使っても、汗や蒸れの問題は完全に解決は不可能。
・擦れなどに強い生地を使い、耐久性や使い勝手を優先する。
→サイクリング用レインウェアを見る


基本的に、登山製品は、薄手軽量シンプルなことが特徴です。
用途の特性から、耐久性は考慮されていますが、より性能優先に寄った作りをしています。
(高価ですが)ある程度消耗品です。無茶せず大事に使いましょう。

一方で、サイクリング用の特徴は、多少重くなっても嵩張っても構わないので、耐久性を優先させた作りになっています。
登山用品では性能のために、多少の不便やデザインは切り捨てる傾向にありますが、サイクリング用はある程度考慮されています。
また、激しい運動をするため、発汗など 生地の透湿性能では間に合わず、ベンチレーション機能なども付加されてます。

サイクリング用を山で使用するのは、このくらいのものになると、
色々と不満は出るでしょうが、ハードな場所(すぐに人家に出られず逃げ場がない)へ行かない限り使用はできます。

登山製品でよく使用されるゴアテックスというのは、その実、非常に薄いフィルムでしかありません。
そのフィルムを他の生地でサンドイッチしてあるわけです。
防水性,透湿性では高いですが、擦れや頻繁な折り曲げで徐々に弱くなってきてしまいます。
ですが、サイクリングだとペダルをこぐ動作など、擦れや折り曲げがある程度前提にあります。
よって、性能よりも耐久性のある素材や作りを選択することも多いです。




Posted at 21:09 | 考え | COM(0) | TB(0) |
2009.08.04

GIANT ESCAPE R3 2009

最近の自転車ブームを受けてGIANT ESCAPE R3 2009を購入した。

通勤も4km程度なのでちょうどいいし、ダイエットもかねてsuportsDEPO44900円で即買・・・

購入により
①会社へ車で行くことはない・・
②車なので・・・飲み会を断りにくい
③雨の日?→カッパが必要。

escaper3-white.jpg



Posted at 20:33 | 自転車 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。