--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.03

YOKOHAMA

7月末のこと.
群馬の桐生から東京経由で前から観光したいと思っていたYOKOHAMA.
そのなかでもすずちゃんのカメラ!でも紹介されていた,超メジャーな赤レンガ倉庫.東京に続きあまりの暑さに,撃沈ではあったけど,とりあえず行く予定のところはいけた.

横浜スタジアム→赤レンガ倉庫→山下公園→中華街.   チャリで

赤レンガ倉庫は中は普通のお店なんで,さらっとみたけど,周りがきれいになりすぎて,海沿いでかつおしゃれだけど歴史を感じないな.次に山下公園に行くと,カップルやら観光客や,家族連れでいっぱいだった.海に面した公園で涼しくて,外人も多かった.良い憩いの場だった.最後に中華街に行くころには,ほんの少し涼しかったけど,ちょうどこのころチャリのサドルのおかげで,ケツが痛み出した↓.できるだけ,一箇所に加重がかからんよう,試行錯誤しながらけつをずらし,そしてまたずらし,難を乗り越えた

中華街には制服姿の学生と観光客だらけで,,店先で売ってる栗かなんかが1400円とかで,やたら高いと思いつつ.いくらかあえて,聞いてみたら「ここカイテルヨ」と満面の笑顔で言われちゃいました.ほんで「ヤスイヤスイ」.俺「3つで?1400円?」.店員苦笑い.

IMG_2456.jpg
赤レンガ倉庫とハンディーバイク


◆赤レンガ倉庫とは
赤レンガ倉庫は、明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物です。創建当時から横浜港の物流拠点として活躍してきましたが、新港ふ頭が物流機能を他のふ頭に譲っていく中、赤レンガ倉庫も倉庫として利用されなくなり、地区のシンボルとして静かに佇んでいました。 横浜市では、『ハマの赤レンガ』と呼ばれ多くの市民に親しまれてきたこの赤レンガ倉庫を、貴重な歴史的資産として保存し、また市民の身近な賑わい施設として活用するため、平成4年3月に国から取得しました。 取得後、建物補強のための工事を行うとともに、活用の方法について検討を進めてきた結果、「港の賑わいと文化を創造する空間」を事業コンセプトとして、横浜らしい文化を創出し、市民が憩い・賑わう空間として位置付けた赤レンガ倉庫の活用計画がまとまりました。横浜市及び民間事業者(2号倉庫)は、その活用計画に基づき内部改修工事を実施し、2002年(平成14年)4月12日に新たに施設がオープンしました。

IMG_2475.jpg
横浜中華街
この後,友人宅を目指したが.なかなかの満員電車にぶち当たり,折畳んだ自転車とはいえでっかい荷物をもった,俺にいやな雰囲気が漂っていたのは,間違いない事実である. 桜ヶ丘へ続く.


よかったらクリック↑お願いします.

大学3年・修士1年必見!エン・ジャパンの就活サイト。

この記事へのトラックバックURL
http://kakiken1984.blog103.fc2.com/tb.php/62-a71085ac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。